• ストロングBJ
  • 関本 大介
  • ■誕生日
  • 1981年2月9日
  • ■血液型
  • O
  • ■身長・体重
  • 175cm/120kg
  • ■出身地
  • 大阪府大阪市中央区
  • ■デビュー
  • 1999年8月10日 大阪・鶴見緑地公園大会
    vs 伊東竜二
  • ■得意技
  • ラリアット、ジャーマンスープレックスホールド、眉山
  • ■テーマ曲
  • CROWN OF WINNER
  • ■タイトル
  • ▼NGBトーナメント優勝

    ▼フューチャーチャンプリーグ優勝

    ▼BJWヘビー級王座
    第3代王者(相手は大黒坊弁慶)

    ▼KO-D無差別級王座
    第31代王者(相手は石川修司)

    ▼NWA認定UNヘビー級王座

    ▼世界ヘビー級王座
    第9代王者(相手はバンビ・キラー)

    ▼wXw世界統一王座
    第2代王者
    第26代王者(相手はビックバン・ウォルター)

    ▼WEWハードコアタッグ王座
    第9代王者(パートナー・MEN'Sテイオー)

    ▼天龍PROJECT認定世界6人タッグ王座
    初代王者

    ▼BJW認定タッグ王座
    第15代王者(パートナー・MEN'Sテイオー)
    第21代王者(パートナー・アブドーラ・小林)
    第25代王者(パートナー・マンモス佐々木)
    第23代王者(パートナー・佐々木義人)
    第25代王者(パートナー・マンモス佐々木)
    第27代王者(パートナー・岡林裕二)
    第30代王者(パートナー・佐々木義人)

    ▼アジアタッグ王座
    第85代王者(パートナー・岡林裕二)
    第87代王者(パートナー・岡林裕二)

    ▼BJW認定世界ストロングヘビー級王座
    第3代王者
  • ■ブログ
  • 筋トレ日記
  • ■解説
  • もしも関本が居なかったら、大日本の業界的位置づけは今と少しばかり変わっていたかもしれない。
    デスマッチだけでやってきても2009年のベストバウト受賞のように報われる日は来たとも考えられる。
    だが、やれる人間だけで内にこもり、閉鎖的な団体となっていた可能性も高まったはず。

    関本のように他団体へ出ても通用する人間がいたから外交ができたし、メジャーだけでなくDDT、K-DOJOといった同じインディーとされるところとの共同作業にもつながった。

    一時期、伊東の台頭に刺激を受けたのと、どんなものでも吸収したいとの向上心からデスマッチにも足を踏み入れたが、そこで現出したのはレスリングマッチの時と同じく肉体凶器を振りかざす関本の姿。
    つまり、どんなアイテムにも負けないほどの肉体をまとっていたのだ。
    ならば、それを最大限に生かせる道をバク進するのみ。

    大日本内では、デスマッチの後塵を拝してきたレスリング部門の発展に着手した関本は、その姿にあこがれて門を叩いた岡林ら後輩達。
    ライバルとして凌ぎを削りながらZERO1-MAXから移籍してきた義人を巻き込んで、『ストロングBJ』と言うムーブメントを発生させる。

    解説//鈴木健
Copyright (C) 2005-2013 by 大日本プロレス. All rights reserved.
大阪発!あやの小児科ブログ  打倒!!!ししゃも足  とある営業マンのブログ 整形級テクニックで可愛く変身
世界で活躍する日本語教師 てんしょGOO KouKoKu InFo そうだ車買おう!